キャロの血液検査

ちぃちぃの検査結果を受けて不安になった飼い主。
キャロも受診させるべく、ちぃちぃを連れて1度家に帰りました。

入れ替わりでキャロとセラを車に乗せ、用事を済ませて再び病院へ。
ワンちゃんとウサちゃんの先客がいたので、キャロが呼ばれた頃には診察時間ギリギリでした。

首(そのう近く)の静脈から採血をし、検査結果を待つ事に。
(リハビリテーターの講習で鳩の採血をしたけど、鳩は身体が大きいので翼下や脚の静脈からの採血が可能でした)

因みに、鳥の全血液量は体重の約1/10だそうで、 全血液量の1/10が安全域。
体重35gのセキセイインコでなら 0.35mlの採血が可能とのこと。

先生に呼ばれて中に入ると「ちぃちぃちゃんよりかは少しマシ」とのコメント。

PB103163.jpg

PB103164.jpg

やはり黄疸がでてます…(血漿意外で黄色い部分があったけど…でも血清なら元々少し黄色いよね?)
LDH   ・・・ひぃ〜〜(汗)ちぃちぃよりも500多い(標準値の4倍以上?)
        ただ、飼い主的にキャロの場合、脂肪肝と言うよりは心疾患だと思う
        これは割と早い段階(若鳥時代)から疑ってたので…多分心臓だと思ってます
アンモニア・・・こちらもちぃちぃより高く、場合によっては脳症を起こして落鳥もあり得ると…
尿酸/CPK・・・正常範囲内(やった〜!)
TG    ・・・過食らしいです。運動すれば減るけど、心疾患が疑われるから…微妙
        (この辺の状況と言うか病状と言うか…飼い主と全く一緒です)
アミラーゼ・・・ちぃちぃよりは低いけど、それでも高い
リン   ・・・正常範囲内!

と言う結果でした。
ちぃちぃよりは若干マシだけど、数値的には決して良くはないです(涙)
キャロもちぃちぃとほぼ同じお薬飲む事になりました。

そして、前から気になっていたキャロの白内障の検査もしてもらいました。
右は点状に、左は中央に薄く&周りに点状に出ているとのこと。
白内障のお薬は16,000円くらい…
処方されたお薬(強肝剤)が進行を遅くすることに効果があるそうで、
暫くはそれで様子を見ることにします。


帰宅後、21時を過ぎてましたが「水浴びする!」とやって来たち&キ達。

PB103167.jpg

触られたり採血されたりで、ちょっと気持ち悪かったのかな。
採血もしたし疲れてるだろうから…とちょっと心配でしたが、温めのお湯で水浴びさせました。

PB103173.jpg

PB103168.jpg

まだまだ長生きして欲しいから、お薬頑張って飲んで良くなろうね。

因みにセラは、体重が軽い事以外は特に何もなさそうでした。
良かった〜。
まだ若いから、これで何かあったら困るけど…




拍手する

Comment

心配ですね~(-_-)

さんごう&よんごうも若い頃から肝臓が腫れていましたが、私が血液検査を拒否したので、詳しくはわからず終いでした。

お薬飲んで、少しでも回復してくれる事を信じています。
最近の薬は効くなぁとウチの千早を見ていて思うからです。

それなりの年齢なのと先天性の疾患があるとやはり心配のタネはなくならないのですが、よんさまもあったと思うんですよね。先天性の疾患。
それに白内障は避けて通れない、長生きの証拠といいますか。
飛べなくなる・見えなくなる・とまれなくなる・歩けなくなる。
色んな事がこの後やってくると思います。

でも、そんな風に年老いていく愛鳥と暮らすのも幸せな時間だと私は思います。

(^_^)
  • 2015/11/14 21:49
  • naomi
  • URL
こんばんは。今日の記事を拝見して驚きました。
血液検査でこんなに詳細に色々わかるものなんですね。
7歳過ぎといえば、人間では還暦過ぎ、
お写真を拝見した感じでは、そんなに変わりがないように見えるんですが、
体の中では色々な問題が出てくるお年頃なんでしょうか。
検査結果の内容を詳細に載せて下さって、とても参考になりました。
いずれは来る老いや、いつなってもおかしくない体調不良、
できるだけ長生きしてもらえるよう、気を配っていこうと思いました。
ちぃちぃちゃんとキャロくん、お薬が効いて数値が正常に近づきますように・・・。
naomiさん
もぅ、衝撃でした。
何でもっと早くに来なかったんだろう…って。

そうですね、悪くなるときは一気に&お薬をちゃんと飲めば、きっちり回復してくれる…身体が小さいが故なのか、医療の発達のお陰なのか。

病院の獣医さんも「文鳥さんは7歳を過ぎると色々出て来ますね」と仰ってました。小さい鳥って本当に肝臓が弱いんだな…と実感しました。食事によるところも多いと思うので、naomiさん宅みたいにペレット食がベストなんだろうな…とも思いました。
1点ビックリだったのが、文鳥は動物性タンパク質を好むそうで「ミルワームとかあげても良いですよ〜」と言われました(穀物の他に果実と昆虫も食べる雑食性)。そして「枝豆が好きなんです」と言うと、少し驚いてました。
ドイツ製の文鳥用飼料で、動物性タンパク質を使ったフレークが病院に置いてあるので、今度試しに買ってみようと思います。

そうですね…
老いはステキな部分も多々ありますが、ただ、自分で自分が心配です。
家には文鳥しかいないので、思いっきり文鳥に対して人間が依存状態ですから。老いた姿を目にする度に、残り時間の針の音が聞こえてくる様で恐々と過ごしています。
  • 2015/11/14 23:10
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
ゆずぽんさん
こんばんは。
えぇ、本当に、獣医学の進歩に感謝です。

キャロなんかは大分白化が進み、脚を踏み外す事も増えて来たので「歳を取ったな〜」とは思っていましたが。でも、体重は28gあるし、血色も良いし…すっかり油断してました。
獣医さんも「7歳過ぎると色々出て来ますね」と仰ってたので、体の中では色々な問題が出てくるお年頃・・・なんだと思います。

検査結果の内容、参考になりました? なったとしたら良かったです〜。
小さな体なので採血は悩みどころですが、でも、こうやって数値で出ると状態が良く分るのは確かなので、思い切って受けてみる事にして良かったと思ってます。結果が悪いと落ち込みますけど(苦笑)

病気を抱えてしんどいのなら、少しでも楽にしてあげたい…と思うので、ち&キ達には頑張ってお薬を飲んでもらいます。
  • 2015/11/14 23:26
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。