病気百科

辞書や専門書の類いが好きな飼い主。
(主に文鳥)関係の本は、飼い方指南本から写真図鑑など多数。

その他は・・・
英和&和英&英英辞書関係は11冊。
国語&漢和辞書関係は7冊
古語辞典&故事ことわざ辞書関係が6冊。
家庭の医学書1冊、お薬辞典1冊、慶弔ビジネスマナー2冊。

変わり種で、新旧約聖書、毒劇物取扱の手引き、消防関係法令集、
人体解剖図に、エッセンシャル法医学が各1冊ずつ (^^;
(変わり種シリーズは、そこそこのお値段…)


そして先日。
新たに加わったのが「コンパニオンバードの病気百科」という本。
一応専門書っぽい感じの本で、色々詳しく書かれています。

★飼い鳥の飼育者と鳥の医療に関わる総ての方々に薦める鳥の医学書…と書かれてます。
P4212146.jpg

★骨格標本…これはインコ系ですね。
P4212147.jpg

★便からわかる健康状態のページ
P4212148.jpg

本文はカラーページと白黒ページで構成されてて、
カラーページは、視覚的にもとても分り易くなっています。

★トリコモナスの説明
P4212149.jpg

★もくじ1
P4212150.jpg

★もくじ2
P4212151.jpg

写真付きなので、とても分り易いのですが…
出来れば全部カラーだったらな〜〜っと思いました。

併せてこちらの本も欲しかったのですが、ちょっと考えてしまうお値段だったので…

★「コンパニオンバード疾病ガイドブック―小鳥の診療に強くなる! 臨床の実践と病理解説」
P4212151qkx6L.jpg

後学のためにも、余裕がある時に購入検討をさせて頂きま〜す。(獣医さん向けの本らしい)




拍手する

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。