秋といえば…

読書の秋。

学生の頃は海外ミステリーが好きで、エラリー・クイーンを読みふけっていました。
隔月刊誌で『EQ(米国エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジンの日本版)*という雑誌があって、
そこで紹介されている作家さんの本を買ってみたり。
今は、国内外問わず「面白そう!」と思った本を買って読んでいます。

最近買った本は…

4406

和洋ごちゃごちゃで、約半数は警察物ですけど(苦笑)
ジェフリー・アーチャーは『百万ドルをとり返せ!』から好きで読んでいます。
デボラ・クロンビーの『警視』シリーズも好き。
最近文庫は出ていませんが、トム・クランシーの『ジャック・ライアン』シリーズや、
パトリシア・コーンウェルの『検死官』シリーズとか…。

4408

この浅田次郎さんの『椿山課長の七日間』と『天国までの百マイル』は面白かったです♪
『七回死んだ男』も、奇想天外なストーリーで楽しめました。

4407

真保さんの『奪取』は、偽札作りが関係して来る話なんですが、
印刷屋に勤めていた関係上、仕組みは分っているつもりでしたが…
目からウロコで凄く勉強になりました!
時間とお金と手段があれば思わず作ってみたくなる…
だめだ。それだと犯罪になってしまふ…
えーと、思わず国立印刷局に勤めたくなる!でいかがでしょう?

4433

最後は、身近な鳥だけど良く生態を分かっていなかったスーちゃんの為に。
竹田津さんは『子ギツネヘレン』でご存知の方も多いと思います。
北海道の片田舎の家畜診療所に獣医師として赴任し、現在は退職されていますが、
キタキツネの生態調査や野生動物の保護、治療、リハビリに取り組む傍ら、
動物番組の監督等を手がけながら、写真家、エッセイストとしても活躍されています。

国松さんの『スズメの大研究』は、幼児向けの絵本的な内容でしたが、
児童文学作家と言う事を知らずに買ったので…(汗)
最近では、野鳥や自然を題材にしたノンフィクションを多く発表されているそうで、
鳥と人間の関わりに深い関心を持ち、鳥の文化史の研究と調査を熱心に行われ、
優れた作品を数多く輩出されているそうです。

きっと、鳥が大好きなんでしょうね


*『エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン(EQMM)』
アメリカで創刊された月刊ミステリー小説誌で、
ミステリー作家のエラリー・クイーン氏自らがが初代編集長を勤められた雑誌です。
この日本版として早川書房から創刊された『EQMM』ですが、
本国との特約関係が解消されたことにより、『ミステリマガジン』に改名し現在に至ります。
日本版『EQMM』は、光文社から隔月刊誌『EQ』として復活したのですが、
現在は、訳載不可の作品が増えた為に休刊となっているようです。





拍手する

Comment

お仲間さんに入れて下さいw
今晩は。 ワォー!!推理小説のコーナーですねv-26
エラリー・クイーンは私も全て読破致しましたww
ちぃさんとはかなりの年齢さですが、私も高校時代、何故か試験前に読みふけっていましたねw 

ジェフリー・アーチャーはあまり読んでいないのですが、パトリシア・コーンウェルも7、8冊目まで読んで、後はまだ読まずに積読になっていますww
息子達の学校の役員とかになっていて、読む時間が無くなりました(泣)

ちぃさんは松本清張とかはお読みになられましたか?  彼は社会派ですが、かなりジワジワと恐くなるような推理小説を書いていまして、ファンでした。

ちぃさんが面白かった!!と紹介されているご本も読んでみたいと思っていますv-218

日が短くなって読書の秋って大好きです。虫の声を聞きながら読んでみます。本のご紹介感謝!!ですm(__)m
  • 2009/09/30 00:36
  • ロビンママ
  • URL
ロビンママさん
こんにちは(^^*)
おぉ!エラリー・クイーン、読破されましたか♪
国名シリーズも好きですが、ライツヴィルシリーズがお気に入りですv-353
ホームズも好きですが、エラリーの方が人間味があって好きでした~。

ジェフリー・アーチャーの『百万ドル…』はエンターテインメント性に富んだ
めっさ面白い本で、あまりヒットしませんでしたけど映画にもなってます。
パトリシア・コーンウェル! 私も『業火』までは面白く読みました!
最近のは…ちょっと…(-_-;)

松本清張さんは、ベタですが『点と線』を。
高木彬光さんの『刺青殺人事件』 も面白かったです。
どちらも集めはしませんでしたが…
「本格派」と言われている作家の方の代表作は、なるべく読む様にしています(苦笑)。

同じく、秋の夜長の読書が大好きなので、
ロビンママさんお勧めの本が有りましたら、是非教えて下さい!!
  • 2009/09/30 10:28
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
読書の秋
こんにちは~
涼しくなって落ち着いて本が読めますね^^
私も5年前に挫けてしまった「坂の上の雲」を読み始めました(先は長いです(笑))

ちぃさんの所で懐かしい本を見る事が出来ました。
「家族になったスズメのチュン」かなり前ですが、この本がほしくって探していた時期がありました
静岡では探す事が出来なかったのですが、ちぃさんの所でお目にかかれるとはおもいませんでした。
ちぃさんと同じ本を読んでいたのですね(*^_^*)
子供向きではありましたがいい本だと思っていました(^O^)
雀がこんなに可愛いとはv-344と思えて、最後は郵便屋さん(だと思ったのですが^^)に驚いて家から巣立ちi-198していくのですよね。
もう一度本屋さんで探してみようと思います(*^^)v
  • 2009/09/30 17:25
  • らいぞう
  • URL
らいぞうさん
今晩は(^^*)

あらまぁ!
らいぞうさんも「家族になったスズメのチュン」をお読みでしたか(^^*)
本当に、楽しくほのぼのしながら読む事が出来ました。
また挿入されている写真が何とも可愛らしくって♪
雀ってこんなに可愛いんだなーって、再確認してしまいました。
この本を読んで以来、ベランダのスーちゃんの行動をじーっと観察するクセがついちゃってw
あ!今、コケそうになって誤魔化したな?とか、1人遊びをしている姿を見て、友達をつくらないのかな?とか心配したり…。

そうです! 最後は宅配便のお兄さんの頭の上に乗って退院していきました。
チュンにはちょと不本意な退院みたいでしたけど、
恋人らしい雀ちゃんと暫く一緒に居ていなくなった…そうです。

らいぞうさんが、チュンにまた会える事を願っています~(^^)v
  • 2009/09/30 18:48
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
秋の夜長の読書に如何でしょうか?
ちぃさん、今晩は。
今日はやっと晴れ間が出て、家族の洗濯に追われていましたw

さてさて、推理小説なんですが、『ロビン・クック』と言う作者ご存知でしょうか?  彼は医学サスペンスを書いていて、「コーマー昏睡」、「ターミナルー末期症状」、「ブレインー脳」、「マインドベンドー洗脳」映画にもなった「アウトブレイクー感染」etc.
作者も医者だったので、医学用語が出てきますが私は面白くて、嵌りました。  一度読まれて見て下さい。 医学に興味がある方なら絶対面白いと思います。

以上、ちぃさんのようにジャンル広く読んでいないものですから、色々レビューを書いて頂いて、大変参考になりました。私も実際本屋に行って、内容を少し見ないと買わない人間ですので、読んで面白かった!!と言う批評はとても貴重な基準になりますww 有難うございました。早速、図書館に蔵書検索で見つかりましたので、借りてきます(買えばいいのですが、本箱満杯で、アチコチまだ整理されていない本が溢れています(泣)どうしたもんでしょう(ーー;)   v-150
  • 2009/10/01 21:29
  • ロビンママ
  • URL
ロビンママさん
今日はちょっと暑かったですねー(-_-;)
涼しくなって来てからの気温の上昇は「あつーーっ」って感じがします。

さて。
ロビン・クックさんと言う作家さんは存じ上げませんでした!
でも『アウトブレイク』と言う映画は見ました!! サルが感染源のウィルス系のお話でしたよね。ダスティン・ホフマンが主演でしたっけ?
医学系も結構好きなので、これはちょっとジャングル(Amazon)で探してみなきゃ。
今日から大阪府に物流センターが出来たので、
配達が今以上に早くなるから活用しなければ(笑)。

私も、2人ご紹介を♪
ジョナサン・ケラーマンと言う作家さんなのですが、この人は臨床心理学者で作家と言う方で、小児臨床心理医アレックス・デラウェアを主人公とした推理小説を出しておられます。心理的な側面からお話が進んで行くので、結構深い部分で怖かったりします。
『大きな枝が折れる時』『歪んだ果実』『グラス・キャニオン』が初期の作品で面白いです。

同じく心理学的な本でダニエル・キイスと言う作家さん。
この方の『アルジャーノンに花束を』は有名ですが(最後が切なくて大泣きしてしまいました)、実在する人物で解離性同一性障害(多重人格)者のビリー・ミリガンを主人公としてた 『24人のビリー・ミリガン』『ビリー・ミリガンと23の棺』はとても興味深く読みました。

私も、同じ様なジャンルに興味を持っている方の書評はとても参考になります♪
今までは書店に行って背表紙のあらすじみたいなのを読んで判断していたんですが、最近は書店に足を運ぶ機会が少なくなって(出不精なもので、ネット注文が主流になってきましてw)何を判断基準にしたら良いか悩む時があるんですよね(^^ゞ

また面白そうな本がありましたら、宜しくお願い致します~(^^)v
  • 2009/10/01 22:18
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定