お見送り

父の葬儀、無事終了いたしました。

P8238259.jpg

家族葬で無宗派(本来は浄土真宗ですが…膨大な金額がかかると聞き、父の意思もありお寺さんは呼ばず)
執り行いました。

そのかわり、祭壇まわりに沢山のお花を飾ることに専念いたしました。
出棺の時にお花を入れましたが、棺がお花でてんこ盛りに(笑)
それでも全て入りきらず、式が終わった後に自宅に届けて頂きました。
(現在、実家と飼い主宅はお花で大賑わいです)

P8248270.jpg

カトレアの花は、絶対入れて欲しかった花。
父が昔勤めていた五番館百貨店(後に西武に吸収合併)のイメージフラワーとでも申しましょうか。
包装紙の絵柄に使われていたのがカトレアでした。
(百貨店友の会みたいな会の名前も、確か「カトレア会」的な名前でした)
札幌駅前にあり、赤レンガの建物が素敵な百貨店でした。
そういえば、屋上にミニ・遊園地があり、確か釣り堀もあったような?
振り返れば、中々に斬新で、革新的な百貨店でした(笑)


華道の心得はナッシングなので、あり物の花器にどっさり詰め込みました。

P8264214.jpg

P8264215.jpg

P8264219.jpg

P8264222.jpg

P8264223.jpg

葬儀に関しては、葬儀会社の担当の方達の気配りが素晴らしく、
無知な喪主に対して色々と的確なアドバイスを頂き、つつがなく終了することが出来たと思います。
この場をお借りして、御礼申し上げます。

遠路駆けつけて下さった伯母、いとこの皆々様、会社の女子達、甥の関係の皆様、
そして、飼い主の音楽友達のみんなと、お悔やみのメッセージをくれた友人達。

この度は有り難うございました。



拍手する

Comment

肉親が亡くなると葬儀関係に忙しく悲しんでいる暇がなく、その後にどっと疲れと淋しさがやってきたりします。
時折ぼーっとされるときがあるかもしれません。事故などにあわれぬよう気を付けてくださいね。

お花いっぱいのお葬式。いいですね。わたしも自分だったらそう見送られたいです。
  • 2012/08/26 18:55
  • naomi
  • URL
残念ですが、よく頑張りましたね。

お父様も。 ちぃさんも。



穏やかなお父様のほほ笑みをみて素敵な方だったのだと想いを巡らせました


お父様の御冥福を心よりお祈り致します。
  • 2012/08/26 22:35
  • らいぞう
  • URL
naomiさん
有り難うございます。
明日からは、お役所関係の手続きを色々行います。
車で動こうかと思いましたが、naomiさんのアドバイスを受け、
タクシーを使おうと考え直しました。

役所に行く途中に、父が入院していたホスピスの前を通りますし…

祭壇を豪華にするか、お花を沢山添えるか…の選択肢でちょっと悩みましたが、
祭壇を豪華にしても棺には入れることは出来ませんので、
一緒に送ることが出来る様に、棺に入れるお花を沢山にしました。
父が喜んでくれていたらいいのですけど。
  • 2012/08/27 02:57
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
らいぞうさん
お悔やみのお言葉、有り難うございます。

年を取って短気な部分も出て来てましたが、基本、穏やかで優しく、
遠慮深い父でした。
動物好きな父で、姉や私の動物好きは父から受け継いだと思います。
(子供の頃飼っていた白文鳥と、よく一緒に遊んでくれてました)

もう少し、せめてあと1日、一緒にいたかったです。
  • 2012/08/27 03:07
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
3年前ぐらいに、母子家庭だった友が母親を亡くして、
全然普通っぽくしてたけど、
最近その時期の話を人に説明しないといけなくなって、
思い出して泣いてしまったという話を友がしてて、
みんなの前では普通っぽくする主義らしい子だとは思ってたけど、
やっぱり基本、悲しいんだな、と、再認識したところでした。

何事も変化がなく、ずっとほわほわしていたいけど、
そんなわけにはいかないのね、と、
いろいろなことに心翻弄されてる今日このごろです。

みんな、幸せになればいいな。

なんだか、
関係なくてスミマセン。。
  • 2012/08/28 05:46
  • みみみ
  • URL
  • Edit
みみみさん
作業服の依頼が…2件ほど来てますねw

そのお友達の心境、なんとなく分ります。
お友達、きっとその時は泣けなかったんでしょうね…。

うちは両親がそろってましたけど、何故か私、
他人よりも、自分の親に対して弱みを見せない性格に育ってしまい、
姉が亡くなった時も、親の前では一切泣かなかった頑固一徹者です(苦笑)

思うんですけど…
初めに、これでもかってくらい泣いて悲しむと、
後で思い出しても「楽しかったね」と穏やかでいれる気がします。
でも、初めに悲しめなかったら、いつになっても思いだす度に悲しくて泣いてしまう気がします。
また、ある程度覚悟が出来ていて迎える悲しみと、ある日突然降って湧いたかの様な場合では、
後者の方では、気持ちの整理(納得感とでも言うのか)が全くつかない点も重要なポイントかも?

そう、何事も変わりなく、心穏やかに過ぎて行くのが望ましいですよね!

いえいえ、コメント有り難うございます。

  • 2012/08/28 11:18
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
さっき
Nじちょうから電話あって、
お父さんが亡くなられたそうです。
飼い犬が亡くなった時期ぐらいから、
入院して、
退院して、
親戚集まって退院祝いしてて、
次の日倒れられて、
また入院して、
ずっと意識がなくて、
そろそろだと言われてました。

重なるときは重なりますね(ノД`)
  • 2012/08/28 22:07
  • みみみ
  • URL
お悔やみ申し上げます
本当ですね…(涙)
重ならなくていいのに…重なる時ってありますよね。

31日は友引なので…
29日お通夜、30日葬儀でしょうか…

御愁傷様です (T-T)
  • 2012/08/29 11:30
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定