One-way ticket

文鳥ブログなのに少々暗い話で恐縮ですが…



明日。
父は片道切符の入院をします。

3月上旬。
激しい黄疸を発症し緊急入院をしました。
検査の結果、末期ガンで余命半年の宣告を受けました。


P3113114.jpg


日本人の男性平均寿命を3年程超えているので、今はおつりの人生ですよ…と、
当時の主治医から言われました。

若くして亡くなる方も居るので、そうかも知れません。
でも、平均寿命をはるかに超えて長生きしている方も居ます。
おつりの人生だからと言って余命半年でもしょうがない…とは、決して思えません。


P3113111.jpg


父が69歳の時。
姉が急逝し、残された孫達(当時5歳の姪と7歳の障害を持った甥)を引き取り
今日まで養育してくれていました。

H16年。
当時住んでいた島根県から大阪に転居し、徒歩圏内に住んでいる両親ですが、
子供の頃から疎遠気味で、実家に足を運ぶ頻度は決して多くはありませんでした。

今は、自分がもう少し孝行娘だったなら…
もっと両親のことを手伝って楽をさせてあげていたのなら…
甥や姪の件で苦労をかけさせなければ…
長生きをし、元気で居てくれたのかな?と、申し訳ない気持ちがします。





残りわずかな時間。
体を治してあげることは出来ませんが、出来るだけ傍に居てあげようと思います。


3月以降、まばらな更新になっておりましたが(お友達の所では読み逃げばかりですみません…)
今後、更に頻度が落ちると思われます(更に読み逃げ、不義理しまくりですみません…汗)
時間のある時にはち&キ達の近況をご報告させて頂きますので、
どうかよろしくお願いいたします…。


拍手する

Comment

お身体お大事に…
病気は患った本人、家族の人生を変えるほどの影響がありますね。

多くは語りませんが、どうぞ、ちぃさんもお身体に気をつけて
ご自分のできる範囲で無理をなさらず…。

お父様が心穏やかな日々を過ごされることをお祈りしています。
  • 2012/07/24 10:37
  • Chiara
  • URL
  • Edit
暗くはないとおもいます。
確かに明るい話題ではないですけど、みんないつかはその時がくるのですから。(記事にしたことを暗いからと気にしないでくださいという意味です)

お父様と、昔の写真を眺めてお話しされてはいかがですか?

私の義父は3ヶ月意識不明のままで逝ってしまったので、主人を初め子供達は意識不明の父親にずっと話しかけていました。これも暗く感じられますが、笑いのこぼれる話題もでて、とてもいい雰囲気でした。
  • 2012/07/24 20:25
  • naomi
  • URL
Chiaraさん
お見舞いのお言葉、有り難うございます。

本当に・・・人生変わりますよね。
さしずめ、我が家では姉が亡くなったのが、大誤算の始まりでしょうか…。

家族と離れて入院させることに初めは悩みましたが、
逝く側も見守る側も、一緒にいるとかえって疲れてしまったりで…

今日入院したホスピスは、家族的で看護士さんもみなさん優しい方々ばかり。
自宅からもそう遠くはないので(車だと5~6分の距離)、
時間の許す限り、顔を見に通うつもりです。

お見舞いのお言葉、ありがとうございます。
残りの時間、穏やかに過ごしてもらうべく頑張ります
  • 2012/07/24 21:05
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
naomiさん
人間に限らずですが…
産まれた瞬間から終わりへのカウントダウンが始まってるんですよね。

昔のアルバム、直ぐに出せるところに置いてあるのですが…
今の父はまだ、先に待っている事柄に対して心の準備が出来ておらず
とても不安定な状態でして…。
そんな状態の時に、昔の写真を見ながら思い出話をしていいのか…
実は少々悩み中です。

逝く側の心持ちは想像を絶しますが、送る側の心持ちも、
けっこうヘヴィだなと…実感してます。


人間の器官の中では、聴覚が最後まで機能していると聞いた事があります。
きっと、お義父様は、皆さんの会話を聞いて頑張られて(楽しんで?)いたのでしょうね。

いいお話を聞かせて頂きました。
お見舞いの言葉、ありがとうございます。
  • 2012/07/24 21:45
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/07/24 22:37
なんだか
お初です♪
いつも声だけお聞きしてると元気で明るい方と思っていましたが、
大変なことがいろいろ!
それを悟られない仕事ぶり、見習いたいです!
  • 2012/07/25 01:53
  • みみみ
  • URL
鍵コメントさん
お気遣い、本当に有り難うございます(涙)

実は父、正確な余命は聞いていないので(医師からはボカした感じでは聞いていますが)
3月から、私自身どう接していいのか分らずに今日まで来ています。
でも、あまり時間がない事は自覚している感じで、すっかり涙もろくなってしまってて。

なので姪っ子と、淋しい思いだけはさせない様にしよう!を合い言葉に、
入院中は可能な限り、たとえちょっとの時間でも顔を見せる様にする事にしました。
今日の昼に病院から電話があり、夏休みで家にいた姪に足りないものを届けてもらいました。

どうしていいか分らなくなった時、またご連絡するかも知れませんが…
よろしくお願いします。
  • 2012/07/25 20:04
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
みみみさん
お初っ! ようこそです!
いつもいつもお世話になっております。

んも~、何だか微妙な時にアドレスを送ってしまいました(汗)
(いきなり重い話を見る羽目になってしまいまして…すみませ~ん)

いや…騙されてはいけません。
総務部なので、電話だけ愛想がいいのかもよ~(笑)

今後ともよろしくお願いいたしますね。
  • 2012/07/25 20:08
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。