死ぬかと思った・・・

 
昨日。
いつもの様に2羽で仲良く遊んでいたち&キ達。

P4143369.jpg

この後、いつものフルーツジュースを飲んだ直後に異変が起こりました。

鳴きながら猛スピードで闇雲に飛び回り、ぶつかりはしなかったものの、
着地しても直ぐにまた狂った様に飛び回り…を繰り返すキャロ。

羽も尾羽も広げて座り込み、右足が麻痺しているのか力が抜け握る事が出来ない状態で、
(脚自体は伸ばしたり縮めたりできるけど、指が言う事をきかない?)
心臓は、口から出てくるんではないか?と言うくらい早鐘を打ち、
目を閉じながら大きく開口呼吸で喘いでいました。

取りあえず捕まえて、ケガをされるといけないのでケージに入れましたが・・・

P4143370.jpg

この後今度は、嘔吐く様な素振りと聞いた事のない鳴き声を出し始めたので、
万が一を考え、手の中に入れました。
大丈夫だよ、とか、寝る時に聞かせる小さな唇の破裂音(これを聞かせると落ち着くので)を聞かせ、
(本に書かれている癲癇時のギュウギュウと言う鳴き方ではなかったのですが…)
何とか落ち着いてくれる様に、優しく小さな声で話かけ続けました。

手の中で水便をしたので、もうダメだと…一瞬諦めました。
(過去の鳥達は、今際の際に必ず便をして息を引き取って行ったので…)
それでも諦めずに話しかけ続け、暫くしたら少しだけ脈が落ち着いて来たので、
ケージに入れようとしたら脱走。
いつものお気に入りの立ち鏡の場所に行ってじっとしているので、
追いかけて刺激を与えてもいけないと思い、1時間くらいそっとしておきました。

一緒に出していたちぃちぃも、異変を察知して、鳴くことを止め、
キャロを追う事もせず、直ぐにケージに入ってくれました。
その後は、心配なのか、止まり木の最先端にじっと止まって様子を伺ってました。

P4143371.jpg

ずっとずっと、小1時間あまりもこの場所で、鳴きもせず、ただただ止まってました。


夜になり、小さいながらも鳴いたり歌を歌いだしたので、少しだけちぃちぃと一緒に放鳥。
キャロの様子がおかしかったときは、キャロの側には寄り付かなかったちぃちぃですが、
この時は普段と同じ様に寄り添って遊んでました。

癲癇発作だったんでしょうか…。
それとも、飲み物のせいで急に血糖値が上がり(フルーツの糖分で?)異常行動に繋がったのか?
それとも、キャロは不整脈持ちなので、心臓か脳の影響なのか?
それとも、突然自分のケージを怖がったりする子なので、精神的な何かなのか?

今日はムギの通院日なので、連れて行こうかどうしようか悩みましたが、
体重が2g減ったままで回復していないので、移動はさせない方が良いと思うから、
状況の説明とフンの検査だけしてもらってきます。
(先生には、2g減ったら連れてこいと言われてますが、外傷や悪い菌とかではないと思われるので…)

因みに、今日(つい先ほど)のち&キ達。

P4153376.jpg


P4153384.jpg

こうやってみると、血色もそれ程悪くないし、普段と変わらなく見えるんですけどね・・・。
取りあえず、何があるか分からないので、フルーツジュースは今後封印します。





拍手する

Comment

びっくりしました(@_@;)
おぉ。。。!?
キャロ君どうしてしまったんでしょう???
今は収まって何時ものような可愛いキャロ君に見えますが
癲癇発作って聞いた事がありますが実際見た事がないのでよくわからないのですが
丁度、発作の時期だったのか?何かがきっかけになってしまったのか?わからないだけに心配ですね
突然の事で緊張した事がこちらにも伝わってきました
びっくりして私もドキドキしてます(◎o◎)
事態の深刻さにちぃちぃチャンも心配していますもんね

この後も何もない事をお祈りしていますね
キャロ君お大事にしてくださいね
  • 2012/04/15 15:00
  • らいぞう
  • URL
同じく。びっくりしました。
ちぃさんも。ビックリされたことでしょう。大丈夫ですか?

てんかんの発作は何度もみていますが。
・・・似てますね、ウチの子達が若かった頃の症状と。
怖くなかったですか?大丈夫ですか?
なんだかちぃさんの方が心配になってしまいます。

てんかんの発作だった場合は、治まってしまえば本鳥はいつも通りケロリと元気になりますからね。
飼い主の方がショック大きかったりします。

う~ん。キャロくん。ジュース飲まなければ大丈夫になって欲しいです!(>_<)

昔を思い出しながら読ませて頂きました。
今後何ともなければ良いですね。
  • 2012/04/15 15:42
  • naomi
  • URL
らいぞうさん
らいぞうさ~~ん(涙)
本当にもう、ダメかと思いました…。
今は、元気さ85%くらい(普段を100%としたら)のキャロですが。

今日、セキセイのムギの検診時に先生に聞いてみたら、
「今流行りの、癲癇ってやつだね…」と言われました。

鳥の癲癇にも予兆があるとのことでしたが、
人間の癲癇予兆なら、すぐ側で見ているので分かるのですが、
キャロの場合は全く分かりませんでした(気付いていないだけ)。

今日持ち込んだフンには何もでていないので、菌系は異常なしだと思います。
先生には、1度連れて来て、と言われたので、来週にでも連れて行こうかと思います。
1度血液検査をして、他になにも出ないようなら癲癇とのこと。
犬猫ならCTを撮るそうですが、鳥は撮っても分からないと言われました。
(そりゃ~、こんなに小さなお脳ですもの、無理ですよね…)

年に数度の発作なら、特に何も処置はしないそうです。
(あんな事がまた起こるかと思うと、飼い主の心臓に悪い…涙)

こんなに小さな身体なのにね、キャロ…。
  • 2012/04/15 19:34
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
naomiさん
以前にも、ここまでひどくはないのですが、急に訳が分からなくなった時があって…
もしかしたら、その時も発作だったのかも…。

人間の癲癇発作は側で見ているので、それ程焦ったり、
命の危険を感じたりはしないのですが…
文鳥の、こんなに苦しそうな様子を見ていると…
死んでしまうかも、と怖くなります(涙)

それが…収まった後は、ケロリとはせず、ちょっと引きずっていました。
意識は失っていなかったので、その話を先生にしたところ、
血液検査をしてみようか、と言う話になりました。
他の障害とてんかんとなら、どちらが良いのやら…

今日も元気なことは元気なんですが、いつもより少し大人しめで、
動きも若干緩慢です。
個人的には、血糖値の急上昇による突発的な異常行動…
であって欲しいのですが、どうも、てんかんの様です。

人間のてんかんは、発作が起こる度に周りの脳細胞が破壊されるので、
しばしば知能後退を引き起こすのですが、鳥のてんかんも同じなのでしょうか??

どうしよう…キャロの記憶がどんどん後退してったら…(涙)
(今でも十分おバカなのにぃ~)
  • 2012/04/15 19:50
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
てんかんだったとしても。
うちのよんさまを見て下さい。(*^_^*)
てんかんで、じーさまになって飛べなくなって止まり木掴めなくなって、白内障にもなっちゃって。
でも毎日とっても愛らしい文鳥さんですよ~。

そして不思議なことに、じーさまになってからのほうがてんかん発作を起こしていません。
もう破壊される脳細胞がなくなってしまったのかしら???

てんかんでも短命ではありません。
本当に小さい身体であんなに苦しそうにされると「今度こそダメなの?」と思ってしまいますよね。
さんごうの最後はそうでしたし。でもご存知の通り、さんごうも長生きでしたよ。

そう言えば、さんごうはてんかんの後ちょっと引きずる感じがあったかもしれません。

意識を失うほどの発作だとかなり重症だとおもいます。
だいたいが、急に行動がおかしくなるんですよ。痙攣にも似た感じとか。

今回だけで、何ごともなく過ぎてくれるのが一番なんですけどね。
血液検査。キャロちゃん頑張って!(>_<)
  • 2012/04/15 20:25
  • naomi
  • URL
naomiさん
あぁ! 私とした事がっ!! お礼の言葉がまだでしたっ!!!
らいぞうさん、naomiさん、ご心配頂きまして有り難うございましたm(_ _)m

そうでした!
よんさまもさんごうちゃんも、ずっとずっと共生しながら長生きされてますよね。
(でもね、着地した時の後ろ姿が、さんごうちゃんの最期と同じポーズだったんです…
そのポーズを見て、すぐさんごうちゃんの事を思い出しました)

鳥さんでも、てんかんそのものが原因で亡くなる事はないんですね。
ちょっと安心です。
そして、人間のてんかんと同じなら…ちょっとだけ慣れているので対処方法は分かります。
後は、発作を誘発するようなことを極力避ける様に頑張ります…。

アドバイス、有り難うございます。
ちょっと落ち着きました(*^_^*)
  • 2012/04/15 21:51
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
NoTitle
びっくりいたしました。
ちぃさん、さぞかし怖かったと思います。
てんかんのことなどわからなくって
何も言えないですが・・・
今は落ち着いる様子でホッといたしました。

血液検査ですか、原因がわかった方がいいのでしょうね。
キャロちゃん元気に回復して検査も無事に受けて
大事にいたりませんように・・・
  • 2012/04/16 00:49
  • ぶん&らんの母
  • URL
ぶん&らんの母さん
ご心配おかけ致しましたm(_ _)m
もうダメかも…と思ったときは、正直怖かったです(涙)

今日は歌もうたっていつものキャロに近いです。
体重も、普段の重さまで戻りましたし。

血液検査は、他の疾病(内臓系やら何やら)を除外するために検査するとのことです。
もしそれで何もでなければ、てんかんと確定するみたいです。

でも、内臓疾患であったり、神経的なものだったり、その他の病気だったら…と思うと、
見ている側は心臓に悪いですが、てんかんの方が良いのかも?と。
考えようによってというか、気休めというか…ですが。
本当は、何もないのが一番なのですけどね。

お見舞い、ありがとうございました!
  • 2012/04/16 21:27
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
拍手コメントを下さった方へ
いつもご訪問いただき有り難うございますm(_ _)m
ドキドキさせてしまいましてごめんなさい。

10歳の桜文鳥の女の子ですか。きっと愛らしいのでしょうね~(*^_^*)
お薬を飲ませようとしていたとのことで、何処か具合が悪かったのでしょうか??
今はもう、治りましたか?

キャロも、病院に爪切りに行った時は、必ず先生の手の中で固まっています。
ちぃちぃに比べるとキャロの方がビビリで、初めは何かに怯えたのかと思ったのですが、
どうも様子がおかしくて…ビックリしました。

桜文鳥の女の子の心因性ショック状態も、側で見ている飼い主としては、
凄く不安でご心配だったことと思います。
こんな、25g前後の小さな体の鳥が苦しそうにしている姿を見ると、
このまま死んでしまうのでは??と、考えてしまいますよね(涙)

今回偉かったな…と思ったのは、ちぃちぃが大人しくしていてくれた事です。
(必然的に大人しくなってしまったのかも知れませんが…)
キャロの様子がおかしく捕まえなければと思った時に、
放鳥していたちぃちぃを真っ先にケージに戻したのですが、
嫌がる様子もなく、スッと入って大人しくしていてくれました。
やはりお姉さんですね(^_^)

拍手コメント様の桜文鳥ちゃんも、まだまだ元気で長生きしてくれます様願っております。
お見舞いのコメント、有り難うございました♪
  • 2012/04/16 21:43
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
こんにちは。
はじめまして。初コメントになります。
過去記事コメントも失礼しますm(_ _)m

キャロ君心配ですね。
拝見していて、ヒヤヒヤドキドキしておりました。
ちぃちぃちゃんも偉いですねー。
異変はわかるんですね。

我が家の文鳥さんも同じ症状なのです。。
慌てずにはいられなくて…私がパニックになっております…。
うちの子は驚いた時などに症状がでます。
なので病院に連れて行く事もできなくて;
何かあった時 不安です。
良くなってくれるといいですね。

あと…
かなり長居させて頂いちゃいました。。
ケージも同じで、ブログも楽しくて、、過去記事読み漁ってしまいました。
また おじゃまするかと思いますが、よろしくお願い致します^^
* なな *さん
はじめまして、こんばんは(#^.^#)

お見舞いのお言葉、有り難うございます。
コメント頂けるだけでも嬉しいので、過去記事コメント等どうぞお気になさらずに♪

そうなんです。
ここまでひどい症状は初めてで…ちょっとびっくりしてしまいました。
過去には、換羽でしんどくなったり…
何かに驚いて、暗い中、聞いた事のない悲鳴をあげて逃げ回ったり…
いきなり自分のケージを怖がって、暴れ回ったり…と、
何かとお騒がせなキャロですが、今回だけは本当に肝を冷やしました。

ななさん宅の文鳥さんも同じですか?
見ている人間にとっては、ほんと心臓に悪いったらありゃしません・・・。

姉弟だからなのか、共同生活をしているからなのか、それとも本能からなのか、
理由は分かりませんが、異変は感じ取ってました。

ななさん宅の文鳥ちゃん。
病院に連れて行けないのも、さぞご不安だろうと思います(涙)
キャロは、何度か病院には行っているので大丈夫かと思いますが、
今の所何が引き金となって発作が出るか分からないので…
今後は通院にも気をつけようと思います。

あら♪ 過去記事、読んで頂いたのですか♪♪ 有り難うございます~。
ケージも同じですか(*^_^*)
前ドアにストッパーが付いていないタイプ?
(最近、リニューアルされてストッパー付きが販売されてました!)

またぜひぜひ、お越し下さいませ❤
  • 2012/04/20 22:35
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定