芸術の秋 その2

今日は昨日の続きで、パンフレットやハガキのご紹介。


松柏美術館で開催されている【上村松篁展~鶴に挑む~】のフライヤー。
折らないように気をつけて持って帰ってきました

PA088172.jpg

この表紙になっている鶴の絵【丹頂】ですが、78歳の時に描かれた双幅の作品で、
松篁画伯が初めて鶴を描いてから58年ぶりの丹頂制作だったそうです。

対幅で一つは立鶴、一つは雪の竹に半分かくれて羽をふくらませ佇む雌鶴の姿。
一幅のサイズは…有に畳一畳を超える大きさで、227.8cm×157.0cm。
もしかしたら、ここに描かれている丹頂は原寸大なのかも知れません(汗)

PA088173.jpg

今回展示されている作品の目録と、平成23年度の展覧会のご案内。
次回は、12/6~の【野生の神秘を写す ~身近な動物から干支まで~】です
ただし、収蔵作品展なので・・・松篁画伯の【春暖】(文鳥を描いた作品)は、展示されないと思います。

【春暖】は北澤美術館所蔵なので、美術館に問い合わせてみたら・・・
11/27まで開催されている【京都画壇の精華展】で【春暖】が展示されているそうで、
この機会にぜひご来館ください…とメールに書かれておりました。

う~~ん、、、諏訪湖まで行くか??
新幹線を乗り継いで、また乗り継いで、、、ほぼ片道4時間、往復8時間。
う~~~~むむむ、日帰りで行けなくもない??


地下にある売店には、絵はがきや色紙、クリアファイルや図録など、
色々なものが売られておりました。
複製品(シルクスクリーン)も売られてましたが、A3くらいの大きさのもので、お値段が25万円前後。
複製でこのお値段なら…原画は一体いくらになるんでしょうね(苦笑)

PA088174.jpg

そんな訳で、ハガキを数枚と今回の展覧会の書籍を購入。
売店の方に【春暖】のハガキが作られているかお聞きしたのですが、この様なノベルティ物は、
やはり収蔵品からの作成とのことで、他の美術館のものや個人蔵のものは作られていないとのこと。
う~ん、残念です・・・。

PA098181.jpg

松篁画伯のスケッチブックから。
作品のハガキももちろん素敵だったのですが、この、鳥をスケッチしたものが可愛らしくて、
売られていた3種類を、1枚ずつ購入してしまいました。
右側にいる横向きの鳥は、色の配色からして胡錦鳥でしょうか?

PA098182.jpg

これは・・・黄色いくちばしに黒いお顔。
ヒワの一種のイカルでしょうか?
ラフなスケッチですが、仕草や表情の雰囲気が伝わってきますよね~

PA098183.jpg

こちらは、年不明 5/10 にインドのカルカッタで描かれたスケッチみたいです。
何の鳥でしょう??

そうそう。トークのお話しで思い出したことが一つ。
日本では周年生息(留鳥)する丹頂鶴ですが、渡りをする中国の丹頂が、
たま~に間違って日本まで飛んでくるそうです。
そんな時は、淳之先生のところに「鶴が来てますよ~」と連絡が入るそうなんですが、
鶴の飛来に関しては報道管制がひかれているため、ニュースにならないとのこと。
もし報道してしまうと、でっかいカメラを持った人達がわんさかやってきて大変なことになるそうです。
言われてみれば「鶴が飛来した」ってニュース、殆ど聞かないです。



急行を使えば近いことも発見したので、これからはちょこちょこ通ってみたいと思います
それでは、芸術の秋・松柏美術館のレポートは以上となります






拍手する

Comment

NoTitle
レポートありがとうございます(^^)♪
淳之先生の絵は百貨店の絵画販売などで拝見したことがありますが(複製品^^;)お父様の絵はあまりありませんでした。
「春暖」もそうですが、気品があって素敵ですよね。
野鳥を描かれるのが多い中、文鳥が描かれている「春暖」は珍しいのでしょうか・・・
もっといろいろ調べてみたくなりますねっ
絵のことはさっぱりわかりませんが、淳之先生、お父様の絵は自分なりに楽しんで鑑賞してみたいです。
今は何かとバタバタした生活をしていますが、もっと落ち着いたら「松伯美術館」にもゆっくり行ってみたいです。
ちぃさんのご自宅からよりは近いかなぁ・・・
  • 2011/10/11 00:17
  • ぶん&らんの母
  • URL
ぶん&らんの母さん
つたない文章で恐縮です~m(_ _)m

あら!松篁画伯の絵は余りご覧になったことがないのですね!
(…って、私も同じです~~)
昨年末、会社の取引先からいただいたカレンダーが、
上村家3代の絵を印刷したものだったんです。
そこに、松篁画伯の描かれた「春暖」が…。
(昨年の11/24の「カレンダー」って記事で紹介してます)
だって…表紙からいきなり文鳥ですよっ!?
文鳥を飼っているせいか、どうしても野鳥ってイメージがないんですよね。
それに、松篁先生も桜文鳥を飼ってらっしゃったんですって♪
そう考えると「文鳥」ってモチーフは、日本画では珍しいのだと思います。

機会がございましたら、ご一緒しましょう~~(*^_^*)
  • 2011/10/11 20:56
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定