FC2ブログ

切除完了

 
昨年の11月14日の記事に書きましたTattooですが、
昨日、残りの部分の切除をしてきました。

今回は、前回の様に腕がパンパンになるくらい麻酔を打たなかったので(麻酔や鎮痛剤の効きにくい体質なんです…)
術中からけっこう痛くて、今もちょっとズキズキしています

ここからは、切除した皮膚が登場するので、気持ち悪くない人だけどうぞ~


 
脂肪…黄色いですよね。
真ん中あたりからピョコンと飛び出している透明な物は、皮膚の内側で縫い止めてあった糸です。
テグスのような糸で、髪の毛程の太さです。

P4290245.jpg

切除した皮膚の内側(真皮層?)と、外皮(表皮)の2箇所を縫って止めているそうで、
内側の層を止めたこの透明な糸の方は、そのまま体の中に残るそうです
人体には影響のない糸だそうです・・・

P4290248.jpg

今回は、前回よりも多く出血したので…看護助師さんが洗ってくれたのですが、
真皮や脂肪細胞のところで茶色く見えるのは血液の痕です。

今回も持って帰っていいですか?と聞いたら、
『あっ!前回持ち帰られた方ですよね?覚えてますよ!!』と言われました。
どうやら、開院以来持ち帰った人は初めてだったそうです。
(しかも、同郷の看護助師さんでした)

P4300272.jpg

向って右が前回の、左が今回の部分。左の方の皮膚、気泡が発生してるのが見えます。
呼吸してるのかしら??


そして。
前回切除した方は、現在こんな感じになってます。

P3298084.jpg

皮膚表面は硬くなっており、
脂肪は、すっかりアルコールに溶けてしまいましてなくなっています。
その脂肪のあった箇所がくぼんでいるのが判ります。

P3298085.jpg

脂肪がなくなると、真皮は真っ白なんですね~。





拍手する

Comment

NoTitle
こんにちは^^

お疲れさまでした(_ _)

腕などはこれまた痛いのですよね…

あぁ・・・いたいです・・・(p_-)

糸は時間がたつと溶けるタイプなんでしょうね

私のお腹の中もきっと同じような糸で縫ってあると思います

後は安静を保って早く治るのを待つのみですネ

手術を決めるには勇気がいったと思います。

本当にお疲れさまでした

お大事にして下さいね(#^.^#)

  • 2011/04/30 10:09
  • らいぞう
  • URL
らいぞうさん
こんにちは~

まだちょっとズキズキと^^;
安静にしていたのですが、利き腕なのでなかなか休ませてあげれません。

糸なんですが、私も溶ける糸かと思って聞いたら、
溶けない糸らしいです(@_@;)
なので、ずーーっと残っているそうな(汗)

ちょっと調べてみたんですが…
この溶ける糸、専門用語では『吸収糸』と呼ぶらしいのですが、
溶けるのではなく、身体に分解・吸収されると言うことだそうです。
「皮膚」を吸収糸で縫合すると、組織反応(分解しようとする)により
縫合部分に炎症が起きる可能性があるそうで、
従って、吸収糸で皮膚を縫合することは原則的にはすべきではない…
という病院が、美容整形に係わらず多いみたいです。

傷口が赤くミミズ腫れの様になっているのは、体質もあるのでしょうが、
縫合によって炎症をおこした結果なんですね…。

後は、しっかりテーピングを続けて(半年~1年くらい)
キレイな傷口になるように頑張ります(^^*)
ありがとうございました~。
  • 2011/04/30 10:50
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定