13

早いもので、今日で姉が亡くなってから12年が経ちました。
存命なら、49歳。

正確には7日の未明に亡くなったらしいのですが、発見されたのが9日なので・・・
一応今日が13回忌と思う事にします(汗)
法要等はしない予定ですが、今日は一日姉の事を考えて過ごしていました。
(なので、仕事もあまり真剣にしてなかった…笑)


*姉の写真で、お気に入りの一枚♪  因に姉と私は、姉妹のくせに全く似ておりません(笑)
yae.jpg


隣に写っていたはずのクソ親父(失礼!)は、強制的に消してみました(笑)
だって…こっちも、もうおらんし。

当時、6歳と4歳だった甥&姪も、今では18歳と16歳!!
随分と月日が経ってしまったんだな~と、改めて実感いたします。


2人姉妹だったので、やはり姉がいないと淋しいです。
ハーレイ・ジョエル・オスメント主演の映画『A.I.』の様に、
再生クローンでもいいから、一日だけでも戻ってきてくれたらなーって思います。
(但し『ペット・セメタリー』みたいな感じで戻って来られると、ちと困るw)





拍手する

Comment

NoTitle
お姉様お綺麗です♪
それに、優しさと知性に溢れた表情なさってます!
因みに姉妹なのに似ていないのは確かにそうですね^^
いやいや、違いますよ~逆説的に捉えないで下さい!!(爆)
タイプこそ違えど、ちぃさんも美しさと知性に溢れてらっしゃいます♪^^v

クソ親父さんは、婚礼のお写真なので当時の新郎さんのことかとも思ったのですが、
黒い礼服だし、やっぱり実のお父様のことなのだと思いますが、クソ親父さんだったのですね。
まぁ、あまり触れてはいけないのでしょうが、仏様になられた今でもクソ呼ばわりされる
お父様はよほどクソ親父だったと言う事なのでしょうね!
さっきから涙が止まらないのですわ、、、
どんだけちぃさん姉妹が辛い思いをされたのかが、僅かなことばで染み入ってきます。
他人には解らぬ事情故、つまらぬコメントお許し下さい。

私は近いうちに同じようなシーンを迎えるから尚更なのかも知れません。

『A.I.』以前に見ました。
最後には、数千年後、母親に抱く夢を叶えてオスメントくんが昇天しました。
お姉様も子供さんが6歳と4歳だったことを思うと、一番可愛い頃に他界されたのは
この映画とラップしてしまいます。

お姉様、お姉様の旦那様、お父様がやすらかなることを・・・

失礼致しました。
  • 2011/02/10 00:16
  • ろべりあ
  • URL
NoTitle
こんばんは~

御姉様の13回忌なのですね
御姉様の事を考えて過ごすことこそが法要なのですよね

私には同姓の兄弟がいないので感覚がよくわからないのですが
ちぃさんのお話に時折出てくる御姉様のお話からするとやっぱり同姓の兄弟っていいな~などと思っていました

ちぃさんも甥御さん、姪御さんに愛情を注いでいてまさしく母ですね

家族っていいものですね(淀川貞治みたいになっちゃいました(^_^;))
  • 2011/02/10 20:34
  • らいぞう
  • URL
ろべろあさん
中々にコメントしにくい記事にコメント頂きまして、ありがとうございます♪

この写真、大好きな一枚なんです~(#^.^#)
私と姉、似てないんですよね~(笑)
一緒に歩いてる時、良く友達同士と間違われてました。

そして!あぁ~~っ(汗)
紛らわしい表現で申し訳ございませんっ。
この「クソ親父」は、当時姉の横に立っていた姉の旦那(甥&姪の父親)のことですぅ…
(私の父は、母と共に現在徒歩3分の所で孫の面倒をみながら生活しております)
強制的に消したのは、円外の暗い部分ではなく、
向って左隣に立ってたクソ親父を、文字通りフォトショップを使って写真から消してしまったので…
(金屏風がちょっと不自然でしょ?)
因に、姉の他に写っている方々は、媒酌人のご夫妻と、その方の知合い(後ろ姿の人)で、
この写真の中にいる私の身内は、写っている姉だけです~。

実の両親も、私にしてみたらたいがいですが・・・
80も過ぎた今でも、孫の面倒を頑張ってみてくれてるので、
親孝行しなきゃな…とか、もっと手伝ってあげないと…とか反省しつつ、
ありがたいことだと、日々感謝しております。

『A.I.』は、オスメント君が海底で、人類が滅びた2000年後に発見され、
一日だけしかもたないけど、自分を捨てた母親に会いたくて、
残された母親の毛髪からクローンで再生してもらい、
最後は母親と一緒に眠りにつくという、何とも切ない映画でしたよね。

姉もさぞ無念だったと思うのですが…
でも、苦労してたので、もしかしたら「もう充分だよ」と、
天上の誰かが早めに引き上げさせたのかも知れません。
(もしそうなら、残された甥&姪や家族はとても迷惑ですけど…苦笑)

姉の旦那(クソ親父)は、ろべりあさんに「やすらかに…」と言って頂く資格は微塵もありません。
(死して尚、実の子供や両方の親族に多大なる迷惑をかけまくりだったので)

でも、お気遣い頂きましてありがとうございます~(#^.^#)
  • 2011/02/10 20:58
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
らいぞうさん
こんばんは~(#^.^#) コメントありがとうございます❤

早いもので、もう13回忌です。
そりゃ甥も姪も大きくなるはずですわ・・・

本当は節目の年忌なのでしたかったのですが、色々とありまして(苦笑)

若い頃はケンカもしたし、腹を立てる事もありましたが、
大人になると、お互い離れて生活してたってこともありますが、仲は良かったですね~。

亡くなる数年前には、将来お互いヨボヨボの老人になるから、
その時には一緒の老人ホームに入ろうね!と約束を交わしたんですけどね…

もし当時に戻れるとしたら…
札幌入りして(当時、もう大阪にいたので)押さえつけてでも病院で点滴を打たせ、
場合によっては入院させ、代りに甥の幼稚園のお迎えに行ってたと思います。
(インフルエンザだったのに幼稚園のお迎えがあるからと点滴を打たずに帰宅し(旦那とは離婚して母子家庭だった)、悪化して亡くなったので)

子供の頃は良くケンカしてたので、やさしいお兄さんに憧れたりもしましたが(笑)
でも今思うのは、女姉妹っていいよな~って(#^.^#)

  • 2011/02/10 21:29
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定