便利グッズ?

昨日行ったいつものスーパー。
日用品売り場には、年末に向けてのお掃除グッズが沢山並んでいました。

その中で、いつも買おうかどうしようか悩んでいた物があったのですが…
とうとう買ってしまいました。

窓と網戸のお掃除グッズ(向って右)と、結露とりワイパー(中央)

PC190575.jpg

ここ2年くらい、冬場の結露が凄い事になってきてて…
窓をこまめに拭いたりサッシの下にバスタオルを敷いていたんですけどね。
何回も絞っては拭き、絞っては拭きってのも面倒くさくなってきたので(苦笑)

あと、窓が意外と汚れてしまうので…
いつもは雑巾がけをしてたんですが、こちらもちょっと楽(無精とも言う)をしようかな?っと思いまして。

今年も大掃除はギリギリになるだろうから、これで少しは効率よくなればいいな~



ビックリ顔のち&キ達。

PC180553.jpg


実は、あるモノを見て私がビックリしたんですけど
それは・・・フンだらけのツボ巣に入った文鳥のヒナちゃん達のお姿。

もし。
親鳥もしくは飼育している鳥のなかにコクシジウムとか持っている子がいたとしたら…

コクシジウムは、宿主の体内で一定の生活サイクルをくり返して増え、
体内で増殖した原虫が雌雄に分かれ有性生殖し、未成熟オーシストが形成されて糞便とともに排出。
不衛生な環境で、排泄物に含まれているオーシストを経口し体内に取り込まれ発症するのよね。
オーシストが潜んでいる糞が乾燥して、空気中にオーシストと共に舞い上がることで感染が広がるし…

ち&キ達の件もあったから、ゾッとしてしまいました。
飲み水も、水浴びの水も、ケージの底もフンきりの金網も、いつもいつも汚れてるし(涙)

家庭動物等の飼養及び保管に関する基準の、第3-1-(3)や第3-2-(2)とか(他にもまだあるけど)
5つの自由(新しい方)は一体どうなっちゃってるんだろうね…






拍手する

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2010/12/24 22:11
コメント下さった方へ
他にも同じ様な方がいらっしゃるのですが、
残念ながら、その中のおひとりに入ってしまっていると思ってます。

コクジではなく、コクシジウムは病名ですので略さず正しく書いて下さい。
コクシジウムは、1羽でもこの寄生虫をもった鳥がいると、全ての鳥に感染してしまいます。親鳥が持っていなくても、もし、家の中で飼っている他の鳥がかかっていると、感染の可能性がある病気です。
よって、お金はかかりますが疑わしい症状が出た場合には、全羽検査・一斉駆除及び、衛生環境の改善をしなくてはなりません。
親鳥が持っていないから…ではダメなのです。

今までのヒナ・幼鳥の中に、水はよく飲みエサもよく食べているのに太らなったり、何となく元気がない、水っぽいフンをしやがて白っぽい不消化なフンや、いやに太いフンをしたりする子はいませんでしたか?首を伸ばしたような格好でクチバシを半開きにしたりする子はいませんでしたか?
もしこの様な症状の子がいたとしたら、コクシジウムに感染している可能性があります。

十羽以上の多数飼いをされている方は沢山いらっしゃいますが、その方々と比べても、飲み水やケージ内の汚れが激しい様に思います。

お忙しいので掃除の回数は限られるでしょう。
ならば、ひとつのケージに入れる羽数を減らしてあげて下さい。
そうすれば、ケンカによる落鳥も減るでしょうし、水の汚れやケージの汚れも少しはマシになると思います。

ご存知でしょうが、改めて言わせていただきます。
文鳥はインコとは違い好戦的で気性の激しい鳥です。
ヒナから幼鳥までは同じケージで過ごせても、大人になれば気に入らない相手は必ず攻撃します。
気の合わない同士を同じケージに入れていれば、どちらかが落鳥するのは想像に難しくありません。

鳥が好きで、文鳥が好きで、ヒナも成鳥も好きで飼われているのだと思っています。
繁殖のためだけ…とか、色合いの珍しいヒナを作出したいためだけに親鳥を飼っているとは思いたくないですし、そうではないと信じておりますが、ブログを見た人が眉をしかめることの無い様に、もう少し成鳥の待遇を良くしてあげて下さい。

繁殖するためだけが、能ではないはずなので・・・。
  • 2010/12/24 23:23
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定