ちょび跳ね毛

寒いですねぇ…。

札幌生まれで寒冷地仕様なハズの私ですが、
雪が積もってないから余計にそう感じる…と言うのもあると思うのですが、
今日みたいに風が冷た~い日は、とっても寒く感じます。

で。
ちぃちぃのちょび跳ね毛を、斜め上45度くらいから撮ってみましたw
顎下あたりが跳ねているのが分ります?

P2015888.jpg


こちらはキャロ。
左向きだと、うすらパゲが目立ちません(笑)。
キャロは…境目があるせいか、ちょび跳ね毛にならないんですよねー。
何だか不思議♪

P2015893.jpg


そして飼い主なんですが…(以下、少々お見苦しい画像がw)


実は…この寒さにやられてしまった様でして。
昨日は右の、今日は左の『肋間神経通』に悩まされています。

もぅお年だからねー、などと思わないよーにw
こと『肋間神経通』に関しては遺伝なので年齢は関係なく、
私も、高校生のピチピチな時代から患っております~。
予告無しで「チクンッ」と、針で刺した様な痛みが続くので…かなり不快です(涙)。

P2025906.jpg

そして、少々お見苦しいですが。
現在右脚のひざ下が、乾燥のせいでしょうか?
めっちゃ痒くて痒くて(ブツブツになって痒くなるんですー)。
気が付くとボーリボーリ掻いちゃってて、血が滲んで来たりしてます。
んー、左は全然なんともないんですけどねぇ。

寒さと乾燥のせいだと、勝手に思ってます(笑)。




拍手する

Comment

ぅわ。
乾燥してかゆくなって、ポツポツ、ってだけならあたしもよ~~~~くあります。
乾燥がアカンのなら・・・とクリーム塗ったり、入浴剤のちょっとしっとりしそうなやつ買ってきたりするとほんのちょっと気持ちマシになりますw

冬はいろんなトラブルありますね・・・。
風邪もひきやすいし。
あたしらも換羽の季節なんかもしれません。
体力を温存しとかなきゃ(笑)

そしてストレスはおしゃべりで発散させてしまいましょーww
  • 2010/02/05 20:16
  • 蚊取り犬
  • URL
  • Edit
蚊取り犬さん
以前は…乾燥のせいなのか何なのか、脚がアカギレ起こしてましたw
最近アカギレないな~っと思ってたら、今度はコレです。
やっぱ、年のせいかしら??(油分が足りないのかしら?)

冬はね、色々ありますよね。
以外と乾燥するので、喉をやられてしまったり…
寒いから肩に力が入り、肩こりが酷くなったり…
肋間神経通がでたり…
人間版の換羽なんでしょうか(笑)

ストレスは…おしゃべりですかw
んじゃ、のど飴持参の方がいいかなぁ(爆)
  • 2010/02/06 00:01
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
同じく~
こんばんは。
その脚の状態。。今まさにそんな状態が両脚の全体です(泣)
しかもひざの裏などの柔らかい部分には、もう少し大きめの寒冷蕁麻疹まで・・
この前からの手湿疹もまだ完治しないし。。
この歳になると色々ですよね。
友人も同じこと言ってたし、皮膚も弱くなってくるのでしょうね~。
お互いに気をつけましょ!

確かにストレスは皮膚に表れやすいみたいですよ。
神経症などもお喋りがいいらしいし、のどあめ持参、いいかもしれませんよ~(笑)
私は、、不眠状態治さなきゃ(汗)
もうね~。。寝る事も忘れるぐらい色々あったでしょ~?後遺症だわ、こりゃ(-_-;)

  • 2010/02/07 02:33
  • かあちん
  • URL
  • Edit
かあちんさん
こんにちは(^^*)
のど飴…持って行ったんですけど舐めなかったです(笑)

しかし、この状態のものが両脚全体とは…
さぞやお辛いでしょうに(涙)
湿疹や蕁麻疹って、何故柔らかい部分が特に酷くなるんでしょうね…。
やはり年齢的なものも関係しているのでしょうか(T_T)
寄る年なみには勝てないのかなぁ(苦笑)

お喋りって、確かにストレス発散にはいいですよね!
話しを聞いて笑ってるだけでも全然違いますし(^^*)
不眠状態ですか…続くとしんどいですよね。
入眠に問題があるのでしょうか?
病院で、お薬を処方してもらった方が良いかも知れませんよ?
無理に寝ようとせず、とことん起きてるってのを続けていれば
嫌が応にも、そのうち猛烈な睡魔に教われる事態になりますけど(苦笑)
間近でそんな友達がいたものですからw

睡眠って、色々な意味でとても大切な部分ですから…
「ダメだわ~」と思ったら、お薬の力を借りることも選択肢の1つに入れて下さいね(^^*)
ムリは禁物ですよ~~~??
  • 2010/02/07 10:29
  • ちぃ
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。