☆リュウ☆

鳥ではないのですが…

アイヌ犬(今は北海道犬っていうなかな?)の「竜王」です。
今日は、そのリュウの命日です。

*若かりし頃の精悍な顔つきのリュウ。
3374

CMで活躍中の「カイ」&「ネネ」君(白戸家のお父さん)と同じ犬種です。
厳めしい名前は血統証のせいで、きっとカイ君達の本名も厳めしいかも知れません(笑)
さすがに 恥ずかしい 呼びづらいので、普段は「リュウ」と呼んでいました。

アイヌ犬のルーツは縄文時代初期に遡るそうで、
古くから、ヒグマやエゾシカの狩猟に用いられていたそうです。
優秀な獣猟犬であるということが、昭和の始め頃に本州の畜犬商の中で広まり、
本州に連れて行かれる様になったそうです。

この状況を見て、絶滅を危惧した北海道のアイヌ犬愛好家達は、
昭和8年に『アイヌ犬保存会』を設立し保護活動に乗り出し、
昭和12年、戦前の文部省(戦後は北海道教育委員会が管理)によって【天然記念物】に指定され、
併せて正式名称を「北海道犬(ほっかいどういぬ)」と定めました。
しかし、この時すでに絶滅寸前だったそうです。

*余談ですが…
 明治35年、八甲田山で発生した陸軍歩兵第5連隊の雪中遭難事件において、遭難者の捜索に活躍したのが
 アイヌ犬だったそうです。


*家に来た当時、小犬の頃…リュウも小さいけど私達も小さいww
3371

昭和の子供…って感じですかね(苦笑)

あまり記憶が定かではないのですが、秋口に父が知人からもらって来た様な気がします。
黒くて小さくて、毛がポワポワしていて柔らかかったです。
冬場はまだ小犬ということもあり、家の中で飼っていたのですが、
牛乳を飲んではよく物陰で吐いていて、母に怒られてました。
そのせいかリュウの中では、大人になってからも一番怖い人は『母』でしたw

*晩年は丸く(性格も体格もw)なったせいか、可愛らしい顔つきになっていました
3372

予防接種を、毎年きちんと接種させていなかったせいでしょうか。
フィラリアになってしまい、13年(人間に換算すると68歳くらい)の生涯を閉じました。

夏場は北海道といえどもそれなりに暑く、毛穴のない犬にはこたえたのだと思います。
その日はお天気で気温も高く、少しでも涼しい場所に…と思い、
玄関先の直射日光が当らない場所で休ませてあげていました。

調子が悪くなってからは、姉が2日に1度往診を頼んでいたのですが、
8日のお昼間、先生が往診に来て下さり点滴を打った後は、
いくぶん調子を良さそうにしていたのですが、夜にはまた苦しそうにしていました。
仕事から帰宅した姉は、ずっと側について様子を見ていたのですが、
食事の時間になり家に戻って来ました。

いつもはのんびり食事をする姉ですが、嫌な予感がしたのか、
この日はものの5分で食事を片づけ、外に飛び出して行きました。
そして、聞こえて来たのは・・・

よく犬や猫は「人間に死に目を晒さない生き物だ」と聞いていましたが、
まさに私達が食事の為に家に入った、わずか5分の間に旅立ってしまいました。
帰宅した父と姉の3人で、まだ温かい体をなでながら泣き続けました。
母は…家から出て来ることは無かったです。(あまり動物が好きな人ではないらしいので)

*分りにくいと思いますが、肩に乗ったインコに怯えています(腰が引けてるしwww)
3373

一度、散歩から帰って来た時に、おやつのプリンを食べさせてあげたことがあります。
初めて食べるプリンの食感に、笑ってしまうくらい情けない顔をしたのを覚えています。
フニャフニャしていて噛み応えがなく、気持ち悪かったんだと思います。
でも、味はとても気に入ったみたいで泣きそうな顔をしながら(眉が八の字になってました)
もっと頂戴!!と、尻尾を振って催促していました。
(本当は犬も鳥と一緒で、人間の食べ物は健康に良くないのですが…)

楽しい想い出はいっぱいありますが、反面、もっと散歩をさせてあげれば…とか、
もっと美味しい物を食べさせてあげれば…と、今でも後悔しています。
一番の後悔は、毎年予防接種をきちんと受けさせてあげれば良かった…なのですが。


                  ☆リュウ(竜王)☆
               1970年9月頃~1983年8月8日

拍手する

Comment

おめでと。
ちぃさん、こんにちはvv(時間は気にしないでやって頂戴ww)
『ちぃログseason2』のオープンおめでとう御座います。
これからは某所の方々の目を気にする必要もないので、
思いっきりのびのびと記事を書き重ねて下さいvv

お母様がご退院されて一安心ですね。
CCUに入られたと伺ったときはどうなるかと思いましたが、
無事におうちに帰ることが出来て本当に良かった。
看病疲れなど、気が付かない間に溜まってしまったものがあるだろうから、
ちぃさんもゆっくりお休みになって下さいね。

久し振りにちぃちぃちゃまとキャロちゃまを拝見しました。
相変わらず可愛らしい…。
ちぃちぃちゃまは少し妖艶になったかしら?
キャロちゃまは…大人になったねぇ(苦笑)
また楽しみに通わせて頂きたいと思います♪

この記事のタイトルを見て『遺留品』を思い浮かべた私を赦して下さい。
いやね、警察用語で『リュウ』って言ったら『遺留品』のことを指すのよww
でもリュウくんを見ていると、私も8年前に亡くした愛犬を思い出しました。
黒柴で、小学校受験を成功させたお祝いに叔父から貰って。
ずっと一緒に育ってきたけど、彼女が14歳を迎えたある日、
自分の死期を悟ったのかリードを引き千切って姿を消しました。
後にも先にも私にとっての愛犬はこの子だけです。
…何だか懐かしいことを思い出させて頂きました。有難う。

これからはお互い『鎖国』(笑)で頑張りましょうね~♪
今後とも宜しくお付き合いの程をお願い致しますvv
  • 2009/08/08 03:55
  • hijyu
  • URL
  • Edit
NoTitle
1枚目の写真の、本当、精悍な顔つきですねーー。
犬は、インコさんと共存できるからいいですよね@
家族に、(お母様以外?)大切にされて暮らした犬だったのですね。
こんなに時間が過ぎても追悼してもらえるなんて、幸せな子ですね!
hijyuさん
こんにちは(^^*)
season2へのお祝いの言葉と、退院へのお気遣い有り難うございます♪
はい、のびのび書こうと思います~。

ベランダのスーちゃんばかり撮っていたので、
実はそれ程ち&キ達の写真がなかったりしますw
キャロ…大人になったでしょ(笑)

そうか!【リュウ】は『遺留品』のリュウなのですね!
『ゲソコン』は有名ですよねー(蒟蒻の上に烏賊の足…ぢゃないっすよw)
後は『有線』(固定電話の意味)は良く本で目にするかな?
いやいや、業界用語はいいとして(苦笑)

リュウ以前にも犬は飼っていたのですが、もっと小さい頃だったので、
ちょっとは覚えているのですが、余り想い出は残っていないんです。
hijyuさんも黒柴の愛犬がいらっしゃったのですね。
14歳か…そうですね、犬の寿命は平均で13~15年と言われているから、
寿命だったのかもしれませんね…(やはり、姿を消されたのですね…)。

ふふw いつか『鎖国』が解除できるように頑張ります(^^ゞ
こちらこそ、宜しくお付き合いのほどお願い致します♪
  • 2009/08/08 13:57
  • ちぃ@管理人
  • URL
  • Edit
ラクさん
こんにちは、season2も宜しくお願い致します。

そうでしょ?
犬は元々は狼の血を引いているし(どんな犬でも狼のDNAが含まれてます)、
原種の血が保たれている&狩猟犬だから、余計にそう見えますよね!

えっ!? 犬って、インコと共存できるんですかっ?
あ…もしかして猫と比較して、という意味で?
いや~、余程慣れている大人しい犬ならOKでしょうけど
あまりお勧めはできないです…。
遊んでるつもりで噛んでしまったら…一瞬でお☆様ですよー(苦笑)

粗末に扱ってはいませんでしたが、やはりもっともっと大切に…
という後悔もあって、忘れられないのかも知れません(涙)
  • 2009/08/08 14:25
  • ちぃ@管理人
  • URL
  • Edit
NoTitle
なんだぁ~~
犬とインコ、一緒には飼えないのですね。
勘違いしてました。。。

夫と、「一戸建てを経てたら、犬なら鳥を襲うこともないから、犬も飼おうよ!」
なんて言ってました・・・・。
残念だー。
ラクさん
いや、冷静に考えたら…
犬と一緒に飼う事は出来できました!

ただ・・・
犬と【一緒に遊ばせる】ことは出来ないですけど…ねw

  • 2009/08/09 02:30
  • ちぃ@管理人
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定