ベランダ・スーちゃんの保護〜04

10月になりました。
保護した当初から比べると、ゆっくりですが良くなって来ていると思います。


*10月1日(日)
PA011050.jpg

ガビガビだった目の周りや眼球も、いまでは綺麗になりました。
目の数ミリ下に、小さな傷(カサブタっぽくなってます)があります。
これは「01」の記事の上から3番目、8月23日の写真に写っている傷だと思われます。


*10月2日(月)
PA021078.jpg

このハゲハゲしている部分、8月23日の時点ではまだ羽はあったのに…
こんなにツルンとなってたら羽も生えて来そうにないですね。


*10月5日(木)
PA051091.jpg

耳の部分もやられてるね…っと先生が仰ってましたが、皮膚を持って行かれたのか
羽を根元がら持って行かれた(永久脱毛状態?)のか良く分りません


*10月6日(金) 保護から1ヵ月
PA061115.jpg

差し餌でドロドロになったので、ちょっと洗ったのですが…結構残ってる


*10月7日(土)
PA071120.jpg

診察とお薬をもらいに病院へ。
一通り観察した後、おもむろに先生が壊死部分の摘出を試み始めました。
見ているだけで痛そうで(先生は「壊死してるから痛くないよ」と言いますが)
でも、何をしているかは確認したいので、緊張で手に汗握りながら見てました。
そうこうしている内に「あ、血がでてきた」とか言うし…
思わず「先生、本当に痛くないんですか??」と聞き直してしまいました。

眼球について、壊死しているところが取れないと抗生物質が止められないとのことで
乾燥させない様に&少しでも取れるようなら取って下さい、と言われました。
・・・・・先生、たぶん私には無理です。。。


PA071122.jpg

ちょっとしか取れなかったそうです。
血が滲んでいて痛々しいですが、血が出ることで治りが早くなる場合もあるとのこと。
そうあります様に・・・。


*10月8日(日)
PA081124.jpg

イイ感じにカサブタになって来ました。


PA081128.jpg

この日は工事もないしお天気もよかったので、午後からずっとベランダにいてもらいました。


PA081136.jpg

夜の差し餌終了時。砂浴びもしたので、細かい砂とパウダーフードがくっついてます(汗)


PA081137.jpg

9月19日の「03」の記事では、まだ黄色い馬蹄斑のあった男子スーちゃんですが
2週間ほどで、すっかりなくなってしまいました…。
それに比べ怪我をしているスーちゃんは、成長が遅れているみたいです。


*10月9日(月)
PA091185.jpg

今日もお天気だったので、工事の合間のお昼にベランダへ。
砂浴びの後、水浴びも!!そしてその後また砂浴び…。(この佇まい、とてもスズメに見えない…苦笑)


PA091190.jpg

どうやら文鳥界同様、スズメ界でも女子の方が行動力があるみたいで
水浴びや砂浴びを初めに行ったのは、怪我をしている女子スーちゃんでした。

上の写真を比べてみると、スズメの雌雄の見分け方は…
やはりクチバシの形と立ち姿、後はさえずるか否かで見分けるしかない様です。
となると、文鳥の見分け方とほぼ一緒です。


PA091194.jpg

夜の差し餌時。
クチバシの横からフードがはみ出るのでドロドロ
ぬるま湯で拭いてるのですが…


PA091195.jpg

指は、先端の傷がきれいになりました。
まだ少しぷっくりしていますが、赤みは引いた様です。


*10月10日(火)
PA101199.jpg

フードに埋まってる様に見えます…。
カサブタ部分が少し飛び出ており、どうにかしたら取れそうな感じがします。


*10月11日(水)
PA111202.jpg

クチバシの上に開いた穴。ここからフードが漏れ出てしまいます。
皮膚が薄くきわきわなので、縫合もできません。これ以上広がらなければ良いのですが…。



05に続く。





拍手する

Comment

Comment Form
公開設定