FC2ブログ

ベランダ・スーちゃんの保護〜02

保護から3日経ちました。
薬の効果があり、目の周りはだいぶスッキリしてきました。
この他に、抗生物質を飲水に混ぜています。

*9月9日(土)
P9090805.jpg

ゲンタマイシン軟膏はたまたま家にあったもので、病院で処方されたものではありません。
目薬だけで乾燥を防ぐのが難しかったので軟膏を使ったのですが、
後日、軟膏が羽についてしまい保温に問題が出て来ました。


P9090727.jpg

ガビガビだった目の周りが柔らかくなり、状態が把握しやすくなりました。
8月23日の一時保護時には白濁していた眼球ですが、恐らく壊死してます。


P9090751.jpg

目から下、クチバシ横から耳の部分まで羽毛がありません。
骨が露出している様に見えたのですが、画像で確認すると薄い皮膚に覆われています。


P9090756.jpg

足は、壊死した部分は固いです。軟膏を塗ったので、羽がベトベトです(汗)


P9090804.jpg

病院で体重を計ったら14gでした。ちょっと軽いとのことなので、
シードの他にタンパク質の多い食事を用意しました。


*9月11日(月)
P9110811.jpg

皮膚の赤みが消え、少し落着いて来た感じがします。


P9110814.jpg

足の方も、壊死部分の拡大はなさそうに見えます。


P9110816.jpg

羽についた軟膏と汚れを落とすため、油汚染鳥と同じ要領でお風呂に入ってもらいました。
(油汚染水鳥救護技術講習会、受けておいて良かった…)
胸のボコッとなっているところは、首の骨です。


*9月12日(火)
P9120820.jpg

羽の保温能力は低下しますが、壊死した部分は硬化してるので目薬は弾いてしまいます。
まだ温かい時期だったし、やはり乾燥を防ぐには軟膏が有効かと・・・。


P9120822.jpg

上瞼は確認できますが、下瞼はなくなってる様です。
クチバシ横から新しい羽軸が数本生えてきてます。


*9月13日(水)
P9130831.jpg

病院にいって来ました。
糞検査の結果、コクシジウムは綺麗にいなくなっていました。
これで毎日、ケージを熱湯消毒しなくて良くなりました〜。

見易くなった目の周りを見て「ガイコツみたいだね?ホンマ良く生きてるな…」と仰るので
薄い皮膚はちゃんとある旨お伝えしました。
他の動物(カラスが何か)による怪我だと思われ、強膜(人でいう白目)が壊死しているので、
眼球はいずれ取れる…とのこと。
今無理をして取ってしまうと大量出血しそうなので、もう少し落着くまでま様子を見ましょう。
・・・と言うことになりました。

眼球が取れても大丈夫なのか聞いてみると、取った後骨が露出してなければ大丈夫らしいのですが
傷が良くならず骨が露出した状態だと、生き延びることは難しいそうです…。
この日も先生から「本当に放鳥するの?ちょっと無理じゃない?」と言われましたが
考えている方向性をお話し、もう少し経過を見てから決めたい旨お伝えしました。

どうか傷が上手く塞がり、少しでも良くなりますように。



03に続く。




拍手する

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。