FC2ブログ

それでも

老化の話しでちょっと黄昏れてしまいましたが・・・
それでもち&キ達は、ち&キ達らしく暮らしています


P5082719.jpg

お姉ちゃんもボクも、年寄りってのになったでしよ?



P5082720.jpg

よく分らないでしけど…きっとお姉ちゃんもボクも大丈夫でし!!



あちこち不具合があっても、今までと同じ様な暮らしをさせてあげたい。
おかーさん頑張るよ





拍手する

老化との向き合い〜キャロ

ちぃちぃは白内障でしたが、キャロは脚(指)に現れました。
尿酸の数値が高いので、痛風による関節痛かも知れませんが・・・


下の写真は今年の3月3日のものですが。

P3032204.jpg

この時、左足の指は伸びてしまっていますが、右足の指はまだしっかりしていました。


P3032213.jpg

左足が滑ってしまうので、右足で頭をカキカキする時には
軽く左足を指で抑えていました。

ところが、4月20日の日光浴後から右足の指も伸びる様になりました。
日光浴が問題だったのか、たまたまそのタイミングだったのかは分りませんが
両足の前指が伸びて上手くグリップ出来なくなってしまったので
どこかに止まろうとすると、握れないため落ちるまいと必至に羽をバサバサし続けます。
見てる分にはコミカルで笑えますが、本人は重労働なので直ぐにレスキューします。


P4282529.jpg

両足がそんな感じになってしまったので、安心できる場所として設置したツボ巣での滞在時間が増えました。
今では一日の殆どをツボ巣で過ごしています。


P4292552.jpg

ツボ巣では、休みたい時には奥に、外の様子を見ていたい時には手前にいます。
形状の特性で手前は傾斜がキツくなっているため、指が上向きになると思うのですが…
そのせいか前指の爪の向きが上向きになってきました。


P4292553.jpg

これにより更に止りにくくなってしまいましたが、ツボ巣の中で安心している姿を見ると
これはこれでいいか・・・と思う様にしています






拍手する

老化との向き合い〜ちぃちぃ

私が子供の頃に比べると、獣医療の進歩により鳥の寿命は延びていると思います。
ちぃちぃも9歳を超え脚はそこそこしっかりしているものの、白内障が進んできて
飛ぶ際には家具のあちこちにぶつかる様になり、本人も分っている様で常にホバリング気味に飛んでいます。


P2062048.jpg

今年2月の左目。瞳の真ん中がぼんやりと白くなっています。
検査の結果左目は、ほぼ100%見えていない状態。
右目は50%くらい。


P5082725.jpg

奮発した目薬をさしてから1ヵ月の5月8日。
ぼんやりしていた白い部分が、少し集約されてきました。


P5082727.jpg

まだ深い部分は濁っているそうで、今の時点で20%くらい改善されています。
眼球の奥までお薬が届き白濁している部分が中心に集まり、その周りの濁りが取れると
程度にもよりますが50%以上の視力回復につながります。

家具にぶつからずに飛んで欲しいから…もう少し頑張ろうね。



老化とは違うのですが…。
以前欠損した足の爪。


P3172256.jpg

何かぴょこんと出てきました。


P3132241.jpg

ハバキの延長なのか、爪の再生なのか?
鳥の爪は人間のそれとは構造が違うので、確かなことは分りませんが
万が一血管が通り始めたら・・・爪の再生??かしら?

楽しみに観察し続けたいと思います






拍手する