カレンダー

来年の、壁掛けカレンダーを買いました


先ずは…お約束の小鳥ちゃんカレンダー。
『torinos』という作家さんで、以前お友達からこの方のトートバックや小物入れを頂きまして。
描かれた文鳥の愛らしさに、すっかり魅了されてしまいました

PA271799.jpg

文鳥さんの他にも、セキセイインコやオカメインコ、小桜インコやツバメも出てきます

PA281812.jpg


PA281813.jpg


PA281815.jpg


う~ん。
来年は、可愛らしいイラストの鳥さん達と過ごせそうです。


そして。
こちらはちょっとマニアックな個人趣味のカレンダー(苦笑)
自衛隊です(爆)

PA271807.jpg

このカレンダー。
自衛隊OBで作られた『隊友会』と言うとこが発行しています。
以前、印刷屋にいた時にもらったものとは感じが違うので…ちょっと残念。
(以前のは、自衛隊・中部方面の広報用カレンダーだったのかなぁ…)

PA271808.jpg

富士山を背景に、3機きれいに並ぶP-3C哨戒機。
白富士に白雲、そして白い機体に描かれた日の丸がきれいですね~
実はもう一冊、不肖・宮嶋氏の撮った『陸・海・空 2012年 カレンダー』も予約したりしてます

可愛い鳥さんのカレンダーと、雄々しい自衛隊のカレンダーのある家・・・
どちらも同じ人間の趣味だったりします







スポンサーサイト
拍手する

ぴんっ!

文鳥男子の、文鳥男子らしい立ち姿

PA231743_20111027202433.jpg

・・・と思っている、親バカ飼い主でした



キャロとは関係ないけど。
今、背後でやっているニュースを聞いて思ったこと。

『オリンパス、しっかりしろよぉ~~~っ』

我が家のカメラは、フィルム時代からオリンパスなんだから…






拍手する

わたちも入れて~!

パソコン横に置いてある100均のバスケット。

最近のキャロのお気に入りの場所

PA161673.jpg

ところが、狭くて暗い場所なので、ちぃちぃも入りたくてバスケットのまわりをウロウロします。
キャロが入っていると、背伸びをして中を覗き込んだり

PA171679.jpg

ももひき全開のちぃちぃ(笑)

PA171682.jpg

すかさず、入れてなるものかっ!!とばかりに威嚇しに入り口から顔を出すキャロ。
ちぃちぃには可哀想だけど、キャロのおかげで狭くて暗い場所に入らなくて済んでいます





拍手する

ち&キ達と一緒 Day

文鳥飼いには嬉しい10月24日、文鳥の日。

そんな訳で、残念ながら普通に仕事だった飼い主は、帰宅後、ち&キ達に手に乗ってもらいました

PA241766.jpg

記念ついでに、ち&キ達と一緒に3(スリー)ショット

撮ってくれる人がいないので、鏡を使っての自撮りです(スッピンなもんで…ちょっとボカシてみましたw)

いつもこんな感じで、カメラを構える(持つ)手に止まる2羽。

嬉しいんだけど…写真が撮れなくて困ります

PA241796.jpg

文鳥に限らず、全ての鳥飼いさんの手に幸せを…





拍手する

家政婦は・・・

家政婦は見ていた…ならぬ、

スーちゃんは見ていた!

PA221696.jpg

※ご飯を食べたいけど、ベランダ側の窓から人間がカメラを構えているので、様子をうかがっているスーちゃん…の図(笑)





拍手する

フラれた?

飼い主がパソコン中は、パソコンまわりでちょろちょろする2羽。

この時は音楽をかけていたので、モニター下(スピーカーがある)に潜り込んでいます。

PA091611.jpg


興に乗って来て、音楽に合わせながら歌うキャロ。
くちばしがちょっと開いているのが分かりますでしょうか?
(目つきもちょっとイヤらしいですね…笑)

PA091601.jpg


でも。
ちぃちぃはお気に召さなかった様で…キャロを置いて、キーボードに仁王立ち。

PA091603.jpg


どうやらキャロ、今回もフラれたみたいです(爆)





拍手する

親バカ三昧

ちぃちぃ、3歳と26日。

P9251511.jpg

真っ赤なアイリングとくちばしが、チャームポイントの白文鳥の女の子
換羽も終わり、体重もベストの27.5gに戻りました

P9251512.jpg



キャロ、3歳と24日。

P9251529.jpg

真っ赤なアイリングとくちばしと、とぼけた表情がチャームポイントの桜文鳥の男の子
換羽も終わり、体重もベストの28.5gに戻りました
(昨夜はベスト以上の29.0g…)

P9251533.jpg

う~~~ん。
換羽が終わって、ぴちぴち文鳥に戻った2羽
やっぱ可愛いわ






拍手する

お久しぶり♪

小雨模様のとある日。


ここ最近のベランダ・スーちゃんは、若鳥3羽組なのです。
兄弟なのか、単に仲がいい連れなのかは判りませんが、
いつも3羽でやってきます。

しかし、いつも同じ2対1の構図に。
1羽の子がご飯を食べようとすると、2羽のどちらかが激しく追い払います。


*2羽が仲良く食べているのを、ケースの外から羨ましそうに眺めるスーちゃん(涙)
P8211330.jpg


*お腹が空いてるんでしょうね…入り口まで寄って、中をうかがうスーちゃん(涙涙)
P8211333.jpg


他の2羽に、体格で負けているせいでしょうか…(自然界なので、序列もあるんだと思います)
この時も追い立てられ、2羽があらかた食べ終わった後の殆ど空になった残り物を食べてました(号泣)

このスーちゃん。
いつも夕方薄暗くなる直前まで我が家のベランダに来て、1羽残り少ないご飯を食べてます。
なのでこの日は、出血サービスでこのスーちゃんだけ用にご飯を用意しました。
しばらく待っていると、ちゃーんとやって来てくれました


*窓をそ~っと開けても逃げなかったので、ガラス越しではない、生の撮影
P8211336.jpg


平日は無理なのですが、土日には、このスーちゃんの為にご飯を追加したりしちゃってます






拍手する

眠いとき

今日は写真が多いので、文字は少なめに・・・



水浴びして羽繕いをしたあと、ウトウトするキャロ。
PA101617.jpg


隣ではちぃちぃも眠そうです。
PA101618.jpg


思い出したかの様に、所々で目を開けて羽繕いの続きをするキャロ。
PA101621.jpg


隣では、ちぃちぃが本格的に寝ようとし始めてます。
PA101622.jpg


「なに撮ってるのよっ!?」とでも言いたげに、チラッと目を開けてこちらを見るちぃちぃ(苦笑)
PA101623.jpg


横を見ると、お休み態勢のちぃちぃを発見するキャロ。
PA101625.jpg


・・・俄然、自分も眠くなるキャロ(笑)
PA101627.jpg


我慢できなくなって、とうとう本格寝モードに入りました。
PA101629.jpg


ちぃちぃは・・・とっくに熟睡モードです(カメラをここまで寄せても起きませんでした)
PA101630.jpg


見ていたこちらも眠くなってきたので、この後お昼寝をした飼い主でした






拍手する

ご、、ごめん(汗)

今日の晩ご飯は、チゲ鍋。

食べてるそばで、ちぃちぃがウロウロしてました。
そこに、お豆腐がお箸からポロッと…

PA131636.jpg

キ、、、キムチ色のお出汁が、入浴後の真っ白いちぃちぃの羽に跳ねしまいました (ハネだけにw)

ごめんなさ~~~~~いっ





拍手する

アート風?

芸術の秋に因んで、ち&キ達の写真をちょこっとアート風に加工してみました


P9271551.jpg


P9271552.jpg


油彩タッチのち&キ達…に見えるでしょうかね


むむむ(汗)せっかくの芸術の秋
あまり良く判らないとのことで・・・それでは、さらに加工したものをっ!!

P9271551_1.jpg


P9271552_1.jpg


こ、、、こんな感じでいかがでしょう?





拍手する

芸術の秋 その2

今日は昨日の続きで、パンフレットやハガキのご紹介。


松柏美術館で開催されている【上村松篁展~鶴に挑む~】のフライヤー。
折らないように気をつけて持って帰ってきました

PA088172.jpg

この表紙になっている鶴の絵【丹頂】ですが、78歳の時に描かれた双幅の作品で、
松篁画伯が初めて鶴を描いてから58年ぶりの丹頂制作だったそうです。

対幅で一つは立鶴、一つは雪の竹に半分かくれて羽をふくらませ佇む雌鶴の姿。
一幅のサイズは…有に畳一畳を超える大きさで、227.8cm×157.0cm。
もしかしたら、ここに描かれている丹頂は原寸大なのかも知れません(汗)

PA088173.jpg

今回展示されている作品の目録と、平成23年度の展覧会のご案内。
次回は、12/6~の【野生の神秘を写す ~身近な動物から干支まで~】です
ただし、収蔵作品展なので・・・松篁画伯の【春暖】(文鳥を描いた作品)は、展示されないと思います。

【春暖】は北澤美術館所蔵なので、美術館に問い合わせてみたら・・・
11/27まで開催されている【京都画壇の精華展】で【春暖】が展示されているそうで、
この機会にぜひご来館ください…とメールに書かれておりました。

う~~ん、、、諏訪湖まで行くか??
新幹線を乗り継いで、また乗り継いで、、、ほぼ片道4時間、往復8時間。
う~~~~むむむ、日帰りで行けなくもない??


地下にある売店には、絵はがきや色紙、クリアファイルや図録など、
色々なものが売られておりました。
複製品(シルクスクリーン)も売られてましたが、A3くらいの大きさのもので、お値段が25万円前後。
複製でこのお値段なら…原画は一体いくらになるんでしょうね(苦笑)

PA088174.jpg

そんな訳で、ハガキを数枚と今回の展覧会の書籍を購入。
売店の方に【春暖】のハガキが作られているかお聞きしたのですが、この様なノベルティ物は、
やはり収蔵品からの作成とのことで、他の美術館のものや個人蔵のものは作られていないとのこと。
う~ん、残念です・・・。

PA098181.jpg

松篁画伯のスケッチブックから。
作品のハガキももちろん素敵だったのですが、この、鳥をスケッチしたものが可愛らしくて、
売られていた3種類を、1枚ずつ購入してしまいました。
右側にいる横向きの鳥は、色の配色からして胡錦鳥でしょうか?

PA098182.jpg

これは・・・黄色いくちばしに黒いお顔。
ヒワの一種のイカルでしょうか?
ラフなスケッチですが、仕草や表情の雰囲気が伝わってきますよね~

PA098183.jpg

こちらは、年不明 5/10 にインドのカルカッタで描かれたスケッチみたいです。
何の鳥でしょう??

そうそう。トークのお話しで思い出したことが一つ。
日本では周年生息(留鳥)する丹頂鶴ですが、渡りをする中国の丹頂が、
たま~に間違って日本まで飛んでくるそうです。
そんな時は、淳之先生のところに「鶴が来てますよ~」と連絡が入るそうなんですが、
鶴の飛来に関しては報道管制がひかれているため、ニュースにならないとのこと。
もし報道してしまうと、でっかいカメラを持った人達がわんさかやってきて大変なことになるそうです。
言われてみれば「鶴が飛来した」ってニュース、殆ど聞かないです。



急行を使えば近いことも発見したので、これからはちょこちょこ通ってみたいと思います
それでは、芸術の秋・松柏美術館のレポートは以上となります






拍手する

芸術の秋 その1

過ごしやすい気候になって来ました。
三連休に合わせたかの様に体調も良くなったので(笑)
かねてから訪館したいと思っていた【松柏美術館】に行ってきました。

10/4から11/27まで【上村松篁展~鶴に挑む~】と言う、没後10年の特別展が開催されてまして。
しかも昨日は、松篁画伯のご子息で同じ花鳥画家で館長でもあられる、
上村淳之氏によるギャラリートークが開催されるとのことで、この機会を逃す手はないかと。

美術館は奈良にあるのですが、各駅停車で行くと16駅42分。
でも急行では、2駅20分で行けてしまいました(更にバスに乗って5分ほどかかりますが)
意外と近場です

あたりは閑静な住宅街。
道路に面した門から母屋が見えないお宅も沢山ございまして、芦屋か箕面を彷彿とさせます。
バスを降りて歩くこと3分、橋を渡った右手に美術館が見えてきました。

PA088156.jpg

松伯美術館は、上村松篁・淳之両画伯からの作品の寄贈と、近畿日本鉄道株式会社からの基金出捐により
1994年3月に開館したそうで、故・近鉄名誉会長の佐伯勇氏の旧邸敷地内に建ってます。

PA088157.jpg

正門から小径を経て美術館の入り口に着きました。
砂色のレンガとガラスで建てられた瀟洒な建物で、館内は白が基調のモダンな印象です。

PA088160.jpg

ガラス張りのエントランス(逆光で、しかも葉っぱが邪魔だ…)
エントランス上部はドーム型になっており、明るく開放感があります。

PA088166.jpg

建物の中は、地下1階・地上2階建て(資料室等はのぞく)になっており、
受付から左回り順路の回廊形式になっており、地下1階に売店がありました。


淳之先生のギャラリートークは、しょっぱなからインパクトがありました。
なにせ開口一番「飼っている鶴が一羽逃げ出しまして、警察に通報してきました」でして(爆)

館内撮影禁止のため、流石に写真は撮れなかったのですが、
御歳78才とは思えないくらいお若く、そして良い意味で、隣のおじいちゃん的な印象のお方でした。
淳之先生は現在奈良にお住まいなのですが、敷地内(10000坪?!)に禽舎を建て、
現在は1500羽くらいの鳥を飼っていらっしゃるとか…。

お父上の松篁画伯と鶴の絵には、とても深く長いお話しがあるそうで、
鶴は生涯のモチーフとして取り組んだ作品だそうです。

淳之先生のご自宅には、天然記念物に指定されているタンチョウ、ナベヅル、マナヅルや、
クロヅル、カンムリヅルも飼育されており、鶴だけで30羽を超えているそうです。
これらの鳥達は、国から許可を得て飼育・繁殖しているそうで、
淳之先生のもう一つのお顔は、(財)日本鳥類保護連盟 奈良研究所の所長さんでいらっしゃいます。

トークは、生前のお父上との思い出、鶴やその他の鳥とのふれあいや逸話、
また、展示されている鶴の絵や晩年のお話を、面白可笑しく、時にはしんみりと話され、
最後は質疑応答で終了しました。

日本画のことは全く不案内ですけど、お話を聞いていると、本当に鳥がお好きなんだな…と実感でき、
勢い、鳥談義でもしちゃおうかしら?と思えるくらいの雰囲気でしたが(そのくらい気さくなお人柄でした)
流石に、初めてお会いしたのに、、、松篁画伯の絵を知ったのもカレンダーのお陰だし、、、
美術に造詣が深い訳ではなく、ただの鳥バカなのでご遠慮しました(苦笑)

いつか先生のお宅で、鶴や他の鳥達と触れ合えたらいいな~ と、思いながら帰途につきました。
(ご自宅は、Google Map でも検索できちゃうので場所は知っているw)


帰り道。池に架かる橋から撮った水鳥。
コンパクトな方のデジカメを持参したので、7倍ズームが限界でした。

PA088169.jpg

橋の下からジャバジャバと音がしたので何事かと思ったら…飛び立とうとして加速中でした。

PA088171.jpg

こちらは、プカプカ浮いてお休み中のカモ系??


とても貴重な体験と、充実した午後を過ごすことができた秋の一日でした。
次の記事では、買って来たハガキなどのご紹介を






拍手する

ハート

先日買った葡萄(ピオーネ)

何と可愛らしい、ハートの形をしていました
(ちょっと歪だけど…)

P9281560.jpg


ち&キ達はと言うと…

家の止まれる中で、一番高い場所を発見してしまいまして。

PA031577.jpg

高い所が好きなのは分かるけど、そこで落とし物をされるとイヤなんだけどな…





拍手する

不法侵入者

飼い主、只今体調不良(発熱)で会社欠勤中…なのにブログを更新している不届き者

ちぃちぃが緑穂(ヒエ)を食べている所を、ケージの中から撮影してみました。
めったに威嚇しないちぃちぃですが、こと食べ物に関してはガードの固いちぃちぃ。
カメラに向かって威嚇しながら食べてます





ところで。
昨日の晩ご飯にお刺身を食べていたのですが…。
サーモンにやたらと興味をしめして、止める間もなく3口くらい食べてしまいました
味もお醤油もついていなかったし、お魚を食べる鳥もいることだし…
だ、、、大丈夫かな?
(刺身を食べる文鳥って初めて見ました。オレンジ色だから、人参と間違えた…なんてことはないですよねぇ)

現在、飼い主そっちのけで2羽とも元気に飛び回っています(苦笑)




拍手する

ご機嫌♪

なぜだかキャロ。

ものすご~~くご機嫌さんです





この動画を撮る前からず~っとこの場所でグジュグジュ歌っていました。

キャロとして、何かとっても楽しいことがあったんでしょうね






拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。